このページの本文へ移動

農林水産・食品産業分野 産学連携支援サイト

文字サイズ
標準
大きく

04.近畿地域の商品化・事業化事例

家畜伝染病発生時のまん延防止用「防疫バッグ」の開発

家畜伝染病発生時のまん延防止用「防疫バッグ」の開発

家畜伝染病予防法では、口蹄疫などのまん延防止に、殺処分家畜は焼却または埋却することとされていますが、埋却が難しい場合には焼却施設まで安全に輸送することが課題となります。

鳥インフルエンザの防疫措置を経験した幅広い“現場力”を有する京都府と、材質特性を活かす“ものづくり力”を有する太陽工業株式会社、遺伝子レベルでの“分析力”を有する京都産業大学が共同して、農林水産省の競争的資金を活用し、「防疫バッグ」を開発し上市しました。

神奈川、静岡、青森、京都、群馬、愛知等の家畜衛生講習会で紹介され、研修に用いられています。また、現在までに複数の都府県(10件)や団体(12件)等に納品・備蓄されています。

防疫バッグ取扱マニュアル

本事例に関する問合せ先

太陽工業株式会社

MAIL:ya001911@mb.taiyokogyo.co.jp
TEL:06-6306-3037


コーディネーターの“ここがポイント!”

NPO法人近畿アグリハイテク 副理事長・コーディネーター 北村 實彬

NPO法人近畿アグリハイテク 副理事長・コーディネーター北村 實彬

“防疫バッグ”というのは「この商品を使う場面のないことが一番良い」という性質のものですので、他の商品のように毎年の売り上げが楽しみというわけにはいきません。“転ばぬ先の杖”として保険的に投資することに理解が進むことを期待しています。

コーディネーター説明

コーディネーターへの問合せ先

NPO法人近畿アグリハイテク

MAIL:office@kinkiagri.or.jp
TEL:075-711-1248


商品化・事業化事例(目次)

  • 北海道地域:農産物生産工程管理システム「apras」の開発と商品化
  • 東北地域:もち小麦「もち姫」の生産普及と応用食品の開発
  • 関東地域:自動運転農業用ドローンの開発
  • 近畿地域:家畜伝染病発生時のまん延防止用「防疫バッグ」
  • 中国四国地域:花粉症抑制効果を有するチシャトウ乾燥粉末の商品化
  • 九州地域:茶園における少量農薬散布技術の開発
  • コーディネーター活動のご紹介 TOPへ戻る
  • コーディネーター活動のご紹介 リーフレットのダウンロードはこちら

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader